心を奪うダイヤ、ティファニーの誘惑

カジュアルなアクセサリーはたくさん持っているけれど、すぐに飽きてしまう…。そんなあなたは、そろそろダイヤモンド適齢期。
そのエレガントな輝きはまさに一生ものです。新しく手に入れるダイヤモンドがティファニーのジュエリーだとしたら幸せはさらに2倍に。
今年1年頑張った自分へのご褒美に、ティファニーのダイヤモンドはいかが?

今年の新作コレクションの代表といえばこの「ティファニー 1837」のダイヤモンドジュエリー。ティファニーが創立された1837年という数字と、「T&CO」というティファニーのロゴをあしらったジュエリーは、シンプルでありながらエレガントな力強さを感じさせます。
さりげないデザインなので、日常使いにしても違和感がありません。いつもの装いに合わせれば、クラス感がアップ。大人の女性の余裕を漂わせたファッションを楽しんで。


4.5ctルビー&ダイヤモンドセレブリング

その名の通り、スウィング(=揺れる)するデザインが特徴のコレクション。ダイヤモンドが最も強い輝きを放つラウンドブリリアントカットを施し、それをマーキス型の枠に納めたことにより、輝きに加えエレガントさがさらにアップしています。プラチナとの組み合わせも限りなくラグジュアリー。身に付けるだけで、優雅な気分にさせてくれる贅沢なジュエリーです。



宝石の美しさは人間の目で判断する

宝石の美しさは人間の目で判断する
店頭にはプロの厳しい選択眼をクリアしているものが並んでいるわけですから、細かい数値はあくまでも目安として参考にする程度にしてみてはいかがでしょうか。でも他にも要素はたくさんありますよ。『欠点の有無』は、宝石の不完全性が美しさや耐久性に影響を与える欠点かどうか。ここでは、大きな3つの要素をお伝えしたいと思います。一つひとつが全く違うものだからです。それは『美しさ』『大きさ』『欠点の有無』です。これはプロだけでなく、一般の方にも共通する基準となりそうです。自分が「美しい」「好き」と思えるものに出会えることが、最高の幸せ! 「宝石、例えばダイヤモンドの品質を表す基準がよく話題にのぼります。

『大きさ』は、サイズのこと。でもこのような基準やポイントを踏まえた上で、全体を見定めて美しさを判断するのは『人間の目』です。『コレが好き!』と思えるのはどれでしょうか。前にも述べましたが、宝石には個性があるからです。『美しさ』は、ファセットカットの宝石の場合は「モザイク模様のバランスの美しさ」のこと。「これらの基準を細分化して各々の項目を機械で測ることができるのかもしれません。いわゆる4Cと言われているものですね。おふたりの予算と相談しながら、候補にあがったジュエリーを見比べてみる。

宝石の買い付けでは、プロ(バイヤー)は実際に現地に赴き、自分の目で判断して、買い付けを行っています。ダイヤモンドにもそれぞれ個性がある。もちろんこれも品質を表す要素の一部分です。あなただけの指輪、見つけてくださいね!。装身具として仕上げることを考えると限界はありますが、宝石は大きければ大きいほど美しいものです。それが一番、あなたに似合うモノだと思いますよ」宝石の美しさは人間の目で判断する。では、店頭に並んだジュエリーはどのように選んだらいいのか。

影響を与えないものはその宝石の特徴となるわけです」 では、プロ(バイヤー)はこれらの基準をもとに、どのように判断するのでしょうか。ではその個性をどのように判断し、婚約指輪として選んだらいいのでしょうか。情報化が進んだ今でも、決してFAXやメールだけで注文を済ませるということはありません。カラットは大きさの目安です。引き続き、お話を伺います。よく『宝石をいくらで買うかよりも、誰から買うかが大切』と言われますが、それは、どの店で買って、その宝石はどこから仕入られたもので、どこで研磨されたもので、というように、宝石の足跡をたどることができるものに信用があると考えられているからです。これについては、またあらためてお話をしたいと思います。

すべての宝石は「不完全」!?

すべての宝石は「不完全」!?
少しずつ違いがあり、ふたつと同じものはない。こちらは均一で、規格外のものはありませんから。『キズが少しあるけれど、大きいから好き』『輝いている色が好き』といった具合です。自然環境が生み出した創造物と考えてみてください。ですから、実は一つひとつに個性があるんですよ。いろいろですよね。

宝石のちょっとした違い。でも宝石というのは自然が生み出したモノ。ですからダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド…など、宝石によって優劣はありません。「ダイヤモンドは宝石の中でいちばんいいもの、完璧なものと理解されている方、多いですよね。もし、完璧なものを望むのであれば、それは合成石になります。一つひとつが違う、それはつまり自然の『不完全性(個性)』であると考えてみてください」。

自然のちょっとしたいたずらでできた結晶が、今、私たちが宝石と呼んでいるものなのですね。これはある人にとっては『大好き』な部分であり、またある人にとっては『あまり好きではない』という部分になりうるということです。この個性=不完全性ということを理解して楽しむのが、宝石の本来のあり方だと思っています。でも何を基準に選んでいけばいいのでしょうか。宝石は自然の産物です。

よりよい婚約指輪を購入したいと思うのは当然です。これらを兼ね備えた完璧なものってあるのでしょうか。そして自然のものならば『完璧』ということはあり得ません。ここでは婚約指輪はもちろん、普段からジュエリーを探す際に、前提として理解しておきたいことをご紹介しましょう。皆さんはダイヤモンドをご覧になって、どんな印象をもった記憶がありますか? 「きれい」「輝いている」「美しい」「光が広がっている感じ」…。

スペックを超えたところにある「好み」

スペックを超えたところにある「好み」
スペックがいいもの=品質が優れていると思いがちですが、その品質にもいろいろあること、ひとつのスペックだけでは判断できないことも考えながら選んでみてくださいね。でもその中で、どれがふたりにとっていいものか、次第にわかってくるのではないでしょうか。面の取り方や面の数にも流行があります。ダイヤモンドに限らず、透明で面のつけられた宝石の美しさのポイントは、3次元のモザイク模様が生み出す全体のバランスです。どんなにスペックが優秀な車でも、自分にとってこのデザインはイヤ、このハンドリングはイマイチ、このエンジン音がいいといった好みがあるはずです。でもなかなか一般の方が説明を受けただけですぐに理解できるものではありません。私はこれが一番大事だと思います。

ダイヤモンドの面数は、58面体が一般的ですが、中には58面を超えて100面以上のものもあります。例えば、男性により身近な「車」を思い浮かべていただくとわかりやすいかもしれません。最近は多面カットのダイヤモンドが人気を集めていますが、サイズに合った面の数のものが、より美しい輝きを放っているはずです。でも4〜5ミリ程度のダイヤモンドに58面以上の面をつけてしまうとどうなるでしょう。例えば、今回ご紹介した「カット」や「面の取り方」について、一般の方にもわかりやすく説明をしてくれるショップは、信頼度も高いはずですよ。もちろん予算には限りがあります。スペックを超えたところにあるご自分たちの基準をぜひ大切にしてください。

いろいろなダイヤモンドを見ていると、どれが「キレイ」と思え、「これはイマイチ」と思えるかがわかってくると思います。逆に3カラット以上のような大粒のダイヤモンドではより多く面をつけられて美しいモザイク模様を生み出しているものを見ることがあります。アルミ箔を小さく丸めたものを思い浮かべて見てください。宝石の個性、サイズ、そして面の取り方のバランスが丁度よいものが、優れた輝きを生み出しているダイヤモンドといえるでしょう。あのような輝きになってしまうのです。このとき一番重要なのは、ダイヤモンドのサイズとの関係です。「カット」や「面の取り方」は、ダイヤモンドの美しさを生み出す上で、非常に重要なポイントです。

私たちはこのモザイクが生み出すメリハリを見て、美しいと感じるわけです。こんな基準を見つけるためにも、ぜひ、さまざまなジュエリーショップへ足を運び、説明を受けてみてください。一般の方が婚約指輪を選ぶときに重要なのは、とにかく「見る」こと。一般論ですが、男性はよく「『4C』がいいから大丈夫」とおっしゃることが多い。面をつけすぎるとメリハリが生まれません。特に彼女は何が好きなのか、どんな指輪が似合うのかが見えてくるはずです。

ダイヤモンドのカットについて

ダイヤモンドのカットについて
職人によってカットが施され、美しい輝きが生まれた状態になってから、一般市場に登場し、私たちの手元に届くわけです。「4C」でよく言われるレベルは、実は世界的に見るとどれが好きかという「好み」として捉えられるものなのです。婚約指輪によく用いられるブリリアントカットは、強い輝きを発するという特徴があります。ですからエメラルドはその平らな面を生かしたステップカット(階段状のカット)が多いのです。カットで大事なことは、サイズに応じたプロポーションであること。例えばエメラルド。最高のカットというのは、さまざまな条件によって変わってくるので決められないと結論づけています。またグレーディングレポートの本家であるGIAは、カットグレードを表記していません。

ラウンドシェイプ、オーバル、マーキス、ペアー、ハートなどの形(シェイプ)がありますね。今回はその中の「カット」にポイントを絞ってご紹介していきます。また装身具としてみた場合、複数のダイヤモンドを並べたときに、その輝きが揃っていることのほうが大事ですよ。ラウンドブリリアントカットの場合のプロポーションは、ある一定レベルをクリアしていればキレイに輝きます。ここではダイヤモンド全体の「カット」や「面の取り方」について見ていきましょう。つまりカットは、原石の個性を見極め、装身具にしたときに、より美しさが際立つものという点で非常に重要なポイントですが、それが全てではないということです。前回の記事(「男ならダイヤモンドは感性で選ぶ」)で、ダイヤモンドの品質にはこれ以外にもさまざまな要素があることをお伝えしました。原石の形やそのときの流行や需要に合わせて、どういう形(シェイプ)で、どのように面(ファセット)をつけるかが決まるのです。

ショップでダイヤモンドを見ていただくと、丸い形が多いことに気づかれると思います。この原石は鉛筆型のような結晶をしています。これはダイヤモンドの原石の結晶がラウンドに近い形が多いから。宝石は原石の形で、そのカットのメインの形が変わってきます。代表的なブリリアントカット ダイヤモンドは素材のよい原石に適切なカットが施されることで、美しい輝きが生まれます。例えばフランスやイタリアでは、見た目の面積が広いテーブルの大きいダイヤモンドが好まれます。これは、ダイヤモンドの研磨の状態を表わすカット、キズや欠け、内包物の程度を表わすクラリティ、色味を表わすカラー、重さのカラット、この4つのポイントのこと。「4C」で言われる「カット」とは、最も一般的な「ラウンドブリリアントカット」の場合のみ使われるもの。

ダイヤモンドは原石のままでショップに並ぶことはありませんね。ですからGIAで表記しているのは形とサイズ(寸法)だけなのです。これは「4C」の「カット」でいえば、GOODやVERY GOODのレベルが多く、EXCELLENTは極めて少ない。しいて言うならブリリアンシー(白くて強い光)とディスパージョン(7色の分散光)のバランスがいいものが美しいカットだと言っています。こちらを重視したほうがいいと思います。ダイヤモンドの品質には、さまざまな要素があるということを理解しておいてください。でもそれがダイヤモンドとして価値が低いかというと、そのようなことは全くありません。婚約指輪を探しているときによく聞く「4C」。

ピュアで上品な輝きを放つダイヤモンド

ピュアで上品な輝きを放つダイヤモンド
“一生もの”として手に入れた思い出のリングや、愛着のあるシンプルな定番モチーフは、ひとつずつ楽しめば上品でシックな印象に。でももう一歩進んだ上級者なら、いくつも重ねて遊びたいところ。いま、普段使いにして遊べる新定番のダイヤモンドをご紹介します。

まばゆい輝きが女性のハートを惹きつけるダイヤモンド。特別な日に限らず、毎日身に着けて楽しむジュエリーとして定番ですが、もっと遊び感覚で楽しんでみませんか。ジュエリーは、洋服ほど流行を追わないので、ベーシックなデザインを選ぶと“一生もの”として長く愛用できますよね。ほどよいゴージャス感+優美な輝きが大人のダイヤ選びの正解です。

ダイヤのペンダントは“お守り”として人気のアイテム。最強のパワーストーンといわれているダイヤモンドは、心や体のパワーを高め、自信を与える効果があるのだとか。ハッピーな気分になれる“幸”感度の高いモチーフを選んでみては。クロス+イニシャル、大きなハート+小さなハートなど、モチーフの重ねづけも素敵です。


ダイヤモンドは地上の何よりも硬い石。実は、日常使いのリングに最適なのです。そのリングは、仰々しくなく、これみよがしにならないデザインがセレクトポイント。

シンプルであればダイヤモンドの存在感が際立ちますが、年齢に合わせて、ある程度ボリュームは必要。あまり華奢すぎると貧弱に見えてしまい、バランスが取れません。重ねづけや組み合わせを自由に楽しみたいですね。

チョコボール 銀のエンゼル


鈴井貴之第3回監督作品 銀のエンゼル
商品価格:3,552円
レビュー平均:5.0
 銀のエンゼル
商品価格:3,330円
レビュー平均:0.0
銀のエンゼル
商品価格:4,179円
レビュー平均:0.0

銀のエンゼルを5枚集めるほうが大変じゃないですか・・・?
銀のエンゼルを5枚集めるほうが大変じゃないですか・・・?......∧_∧ ё(゛^-^)ё<かといって金も出ないしw(続きを読む)


大泉 洋を知っていますか?
大泉 洋を知っていますか?私は道産子で、今は東北在住です。車を運転していると、車の後部に『水曜どうでしょう』のステッカーを貼っている車を見かけます。1・2回ではなく、何度も見かけています。『水曜どうでしょう』は大泉洋の番組です。大泉洋は、北海道の有名人ですが全国的には知名度はどうなんでしょうか?(続きを読む)



[ひとりごと] 銀のエンゼル
去年まで1枚もでたことのない銀のエンゼルだったのですが、なぜか最近ちょくちょく出るようになって、ついには5枚たまってしまいました。正直、銀のエンゼルが5枚たまるとは思っていなかったので・・・。 そういえばまだ映画『銀のエンゼル』は観てい ...(続きを読む)


銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して
ミスターこと鈴井貴之監督の映画「銀のエンゼル」の小説版、「銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して」を読んだ。 通常、映画のノベライズはストーリーをそのまま小説化したものが一般的だけれど、これは映画のストーリーの1年後の話。 ...(続きを読む)



ポケットモンスターダイヤモンド・パール

【送料無料】70%OFF!グレード・ダイヤモンド&ローズカットダイヤリング
商品価格:36,540円
レビュー平均:4.7
ダイヤモンド×カラーゴールドリング・ルロンド
商品価格:10,500円
レビュー平均:4.64
送料込【グンゼ】ラッセルネットハイソックス<日本製>ラッセルネットによるダイヤの編み目のパターンが気品のある艶やかな印象のハイソックスブーツ・ミュール・パンプスなど秋のオシャレに映える脚をくっきり・スッキリと見せてくれるハイソックスですストレッチの効いた
商品価格:210円
レビュー平均:4.75

化学の質問
化学の質問化学の勉強をちっともしなくて今一からやってる高1です。またわからないこところが出てきたのでで質問します。参考書の説明のせてみます。コレは解き方も載ってます・・・エタノールC2H5OHが生成するときの熱化学方程式を記せっていう問題ですが・・・黒鉛、水素及び酸素から11,5gのエタノールが生成するとき69,5KJの熱を発生する。解き方 求める生成熱をy(KJ/モル)としコレを熱化学方程式で表すと2C(黒鉛)+3H2+2/1O2・・・・説明はまだ続きますが僕のわからないところは何で2Cってなってるかってことです。C2でもいいんじゃないですか?それともCは分子をつくらないんですか?というかC=黒鉛じゃなくてC=炭素なんじゃなかったんですか?(続きを読む)


ポケモンダイヤパールの攻略本
ポケモンダイヤパールの攻略本ポケモンダイヤ、パールの攻略本がほしいのですが、自分のほしい内容が入っているかどうかが本屋さんで内容が見れないので分かりません。シナリオの攻略本と、ポケモンずかんの攻略本の二冊を探しています。下記の内容に合う攻略本はありませんでしょうか?紹介してください。入っていてほしい内容〜シナリオ〜・どう進めたら良いかの順序が分かる・道路やタウンなどのマップ(ゲーム画面)付き・ショップで売っているもの、値段・どうぐリストや技リスト・ジムリーダーや四天王情報・ただのシナリオ攻略だけでなく、ここに行くと何ができる(姓名判断師など)などの情報も。・できたらきのみリストなども入っていてほしい内容〜ずかん〜・一種類ずつの詳しいデータ(絵付き、何レベルでどの技を覚えるか、進化レベル、生息地)・場所から、そこで出現するポケモンが分かる。・できたら、コンテストやたまごグループの情報も。・できたらきのみリスト(続きを読む)



リボンアレンジのキュートなリング(Brand アニーベル) Pt ダイヤモンド ...
リボンをモチーフにした可愛らしいデザイン。カジュアルにもフォーマルにもTPOに合わせて。ダイヤモンドは輝きの良いエクセレントカットを使用。エンゲージリングにも。(婚約指輪)イニシャル入れギフト コメント. ...(続きを読む)


ダイヤモンドレース予想
明日は馬インフルエンザの為 競馬が休み。 飯塚が始まるまで何をするか迷う。 最近 寝苦しくてなかなか寝付けない・・・ 夜中テレビもつまらない時、オンデで広木のレースを見る。 改めて凄いレーサーだと思う。 罰休になった最後のレースの客とのヤジり ...(続きを読む)





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。